おもイズム

おもイズム

GAFAの支配と銀行の大規模リストラから人生の選択と集中を考える

GAFAの支配と銀行の大規模リストラから人生の選択と集中を考える

 

 

日本総研の薄っぺらさ

 

 

この記事で「選択と集中」に触れた折に、

こんな記事を目にする機会がありました。

 

「選択と集中」は本当に正しいのか?

 

2008年って…ずいぶん古い記事ね。
確かに古い。でも日本のシンクタンクが2008年時点で将来をどう見ていたのか、答え合わせするのも面白いんじゃないかな?

 

詳しくは該当記事を見ていただくとして、

ザックリとまとめると以下の主張が並べられていました。

 

  • 『選択と集中』にもリスクがある
  • 当たり外れが大きく、長期的視野がない
  • 『選択と集中』し過ぎるのは危険
  • 長期的視点を以て市場や戦略を工夫し続けるべき

 

もっともな論調だと思うけど?
ボクは「薄っぺらい分析」だと思った。

 

その根拠はこの文章です。

 

しかし、これは本当に正しいのでしょうか?企業は得意分野だけやっていればよい、それ以外は切り捨てよ、ということですむのでしょうか?

引用:「選択と集中」は本当に正しいのか?

 

「企業は得意分野だけやっていればよい、それ以外は切り捨てよ」

 

得意分野しかやらないことを「選択と集中」と表現する時点で、日本総研の分析は的外れだと思う。
違うの?じゃあ『選択と集中』ってどんなモノなの?
それについては10年後、つまり現在の状況を見れば見えてくる。

 

 

今はどうか

 

それから10余年。

世界市場にはGAFAが台頭してきました。

 

GAFA(ガーファ)?
Google・Apple・Facebook・Amazonを総じて指す言葉だね。

 

かつて『モノづくり大国ニッポン』を支えていた大企業はといえば…。

 

「ウォークマン」「プレイステーション」を世に放ち、

スティーブジョブズも憧れた世界企業のSONYは迷走中。

 

日本を代表する電気メーカーと言われたNECは

苦境に立たされ工場を次々と閉鎖し事業・技術を売却し続けています。

 

液晶テレビ「AQUOS」や電子レンジ「ヘルシオ」を始め

家電業界の重鎮といわれたシャープは鴻海(ホンハイ)に買収され…。

と散々たる有様です。

 

なぜ新興企業のGAFAがこれだけ世界を席巻したのか?

技術も資力もある日本の大企業が軒並み凋落していったのか?

その答えこそが「選択と集中」です。

 

 

GAFAの選択と集中

 

例えば先日、こんな記事を目にしました。

 

Amazonが撤退した事業一覧が面白い!「事業の選択と集中」

 

  • ウォレットサービス
  • 独自ブランドのスマートフォン
  • オンラインの民泊予約サービス

 

などなど。

Amazonは現在伸びている市場をいち早く察知していたものの早々と撤退しています。

Amazonの技術力・資金力ならどの市場でもやっていけたハズなのになぜ?

 

Googleにしても同じです。

検索エンジンを支配し高度なAI技術を保有するGoogleなら、

どんな市場でもシェアの大部分を占有できるでしょう。

 

AmazonもGoogleもなぜそれをしないのか?

その理由こそが『選択と集中』。

もっと言えば「自分(企業)らしくないことはしない」です。

 

 

『選択と集中』とは柱を太くすること

 

ここにGAFAと日本企業の『選択と集中』の違いが見えてきます。

日本企業は「利益」を第一に考えて、

事業をとにかくたくさん保有することを第一にしました。

 

長期的に利益を伸ばすためコングロマリット化を進め、

「次に伸びる市場はどこだ」「もっと業績を伸ばせ」と

異業種の会社を買収・合併してどんどん多角展開していきました。

 

…といえば聞こえは良いのですが。

あけすけに言ってしまえば「カネになる市場を買い漁っていた」。

利益を上げるためにどんどんと風呂敷を大きく広げていっただけです。

 

その結果、展開した事業を維持するために資金は先細り。

維持できない事業を切り離そうとするも、

市場が旬を過ぎているため売却も容易ではなく…。

 

苦肉の策の大規模解雇で人員・技術力が外部に流出。

…これが利益”のみ”に集中した大企業の末路。

日本総研のいう「長期的視野を以て常に売れる市場を探」した結果です。

 

対してGAFAも企業ですから利益は重視していますが、

日本企業のように「利益ありき」で無計画に多角化はしていません。

 

例えばGoogleのYouTubeやFacebookのInstagramなど。

買収が上手くいっているケースを見ると、

元々持っているサービス・技術を転用できる事業ばかりです。

 

日本企業は「売れる市場」から選択し「利益」に集中した。

GAFAも選択は「売れる市場」だけど「自社らしさ」に集中した。

その結果がGAFAと日本企業の現在です。

 

イメージとしては日本企業は「網を広げていった」、GAFAは「軸を太くしていった」って感じかな。

 

 

人生も「選択と集中」しよう

 

ボクは人生にも『選択と集中』が必要だと考えます。

 

例えば就職先の選び方にしても

「収入が安定している会社」「これから伸びる業界」…

という思考は目先の利益を追って潰れていった日本の大企業と同じです。

 

例えば「高収入かつ安定」で人気だった銀行は2018年を境に就職希望者が激減しました。

その理由の一つはメガバンク3社が相次いで打ち出した従業員の大幅削減計画です。

例えばみずほグループは2027年までに19000人の従業員削減を予定しています

 

なぜならブロックチェーン技術の登場やフィンテックによって人的労働力が不要になるから。

これによって銀行員は普段の神経が磨り減るような業務に加えて自身が職を失う心配までしなければいけなくなりました。

そりゃ就職先としての人気が急落するのも当然ですよね。

 

銀行に限らず「安定している業界」みたいな目的で就職先を選ぶと、

何かのキッカケで風向きが変わった途端がけっぷちに立たされるワケですね。

利益を追い続けて凋落していった日本企業とどこか重なって見えます。

 

 

AI時代に必要な「自分らしさ」

 

ではそうならないために何をすべきか。

ボクは「自分らしさ」を見出して磨くべきだと考えます。

そして「自分でなければならない仕事」を見つける必要がある。

 

これから外国人材はますます増えAI技術も進歩します。

個性のない「労働力」としてしか存在価値が無い人間は、

より安いコストで働く外国人やAIに取って代わられます。

 

他の誰でもない「あなた」が存在すべき理由が無ければ挿げ替えられる。

その存在すべき理由こそが「自分らしさ」です。

 

GAFAが多角化していても元々の事業からズレていないように、

ボクたちも「自分らしさ」を起点に仕事や生きる道を探す必要がある。

「自分らしさ」を自覚できてこそこれからの時代を生き残っていけます。

 

しかし仕事を一つ二つ経験した程度で「自分らしさ」が見つかれば苦労しません。

様々な業種を知り色んな人と出会ってたくさんの経験を積む。

 

増えたサンプルから「自分らしさ」を選択したならば後は集中あるのみ。

「自分らしさ」は武器であり価値。

『集中』して磨き続ける限り誰かに取って代わられることはありません。

 

恵方巻のノルマ問題と「人生で本当にやりたいこと」の探し方

恵方巻のノルマ問題と「人生で本当にやりたいこと」の探し方

 

スマホをいじっていたら見つけた、恵方巻にまつわるある記事が興味深かった。
…恵方巻と「本当にやりたいこと」に何の関係があるの?
直接は関係ないけど…この記事がキッカケで色々思うところがあった。
引いては「人生で本当にやりたいことを探す方法」についても考えが至ったのでその辺を語ってみようと思う。

 

 

恵方巻のノルマが問題に…

 

「高校生バイトの子怖がってた」コンビニでバイトに対して「恵方巻きの注文取れなきゃ自宅の分を注文」と指示されていた話

 

こんな記事を読みました。

詳細はリンクを見てもらうとして内容を簡単にまとめると、

「恵方巻の販売ノルマをアルバイトへ強要する店が問題になった」という話です。

 

  • 「アルバイトの仕事は営業じゃない」
  • 「まだノルマとか自爆営業とかやらせてんのか」
  • 「恵方巻をはやらせようと必死」
  • 「食品廃棄が問題になってるのによくやる」

 

などなど様々な意見が飛び交っています。

 

まぁ、それはそれとして。

ボクがこの記事を見て率直に思ったのは…

 

商売として破綻していないか?

 

ということです。

 

本来の商売は『需要と供給のバランス』がとれて成り立つモノ。

「とりあえず作ってから買う人を探す」というのは、

「商売の基本から外れてないか…?」と思わざるを得ません。

 

こういうビジネスモデルってあちこちあるよね。
そうね。同じ飲食ならクリスマスケーキやおせちにもノルマがあるものね。
不動産業界でも建売住宅が売れなくて家余りが起こってたりする。

 

どうしてこんな状況になるかといえば、

「他と同じことをやっているから」の一言に尽きます。

同じような商品を同じ売り方すれば供給過多になって当然。

 

 

『幻の羊羹(ようかん)』で年商3億円

 

出典:吉祥寺/開店前に売り切れてしまう『小ざさ』の羊羹を買い求めて

 

東京都武蔵野市の吉祥寺に、

小ざさ』という和菓子屋があります。

 

商品は羊羹と最中のみ。

店舗の面積はたった一坪。

ですが『小ざさ』は知る人ぞ知る名店です。

 

『小ざさ』の羊羹は150本限定。

朝5時から店前に多くのお客さんが並び、

10時の開店とほぼ同時にすべて売り切れます。

 

その後に買い求められるのは最中(もなか)。

1日に15000個も売れる日もあり、

『小ざさ』の年商は3億円にものぼると云われます。

 

羊羹と最中で3億円!?それはすごいわね…。
売上の規模もスゴイけど、本当にすごいのは経営方針であり戦略にある。

 

 

ヒケツは「選択と集中」にアリ

 

なぜ『小ざさ』がそれほどの業績を成し得るのか?

その答えの1つが徹底的な『選択と集中』です。

 

水道水という『選択』

 

『小ざさ』は餡子の材料や水にもこだわっています。

中でも特徴的なのは水。

なんと水道水を使っているのです。

 

水道水!?そんなで味は大丈夫なの?
ただの水道水と侮るなかれ。

 

武蔵野市の水道水は8割が井戸水であり、

『世界で最も品質に優れた水道水』と評価されるほど。

しかし『小ざさ』は何となく水道水を使っているワケではありません。

 

山麓の水をはじめ海外の水から海洋深層水に至るまであらゆる水を試しました。

その結果に辿り着いたのが”武蔵野市の水道水”だったのです。

 

厳選された結果が地元の水道水だなんて面白いわ。まさしく「地元の味」なのね。
これこそが「選択」だね。

 

 

餡子(あんこ)という『集中』

 

『小ざさ』には羊羹と最中しかありません。

和菓子屋ならもっと色んな商品を用意すればいいのに、

無闇に商品を増やさないのが『集中』なのです。

 

羊羹と最中…どちらも中身は”餡子”。

手がかかる羊羹は150本限定で、

最中は皮に餡子を詰めるだけ…。

 

そっか。こだわった餡子を使える商品しか用意していないのね。
種類を増やせばそれだけ手間がかかる。それよりも少ない品目に集中することを選んだのが『小ざさ』のスゴイところだ。

 

更に。

業績が伸びても安易に事業拡大に乗り出さないのも、

『小ざさ』が明確な経営方針を持っている証拠です。

 

事業を拡大すればお金も人手も必要になります。

増産しようとすれば味の質にも影響します。

だから手を広げようとせず「できる範囲で」やる。

 

だから作れる数も限られるけど…、結果的に限定性が増して『幻の羊羹』というブランドになったのね。なんだかすごい話ね。
ビジネスの世界では当たり前のように言われる『選択と集中』だけど、ここまでお手本のような成功例もある。

 

 

人生にも『選択と集中』が必要…だが

 

この『選択と集中』は人生にも必要なことです。

自分が生きる分野を選択したらそこに集中…。

『選択と集中』ができてこそ道が開かれて価値が磨かれていく。

 

しかし。

 

『選択』にはサンプルが必要だ

 

選択には多数のサンプルが必要になります。

『小ざさ』にしても色んな水を試した結果が、

「武蔵野市の水道水を使う」という『選択』でした。

 

人生にしても同じ。

一つの会社にとどまるだけでは視点が固定されます。

技術や経験にしても限られたサンプルしか手に入りません。

 

サンプルが少なければ『選択』の幅も限られます。

料理にしても材料が揃っていなければ、

ちゃんとした料理は作れません。

 

ではサンプルを得るために何をすればいいのか?

やりたいことを見つけるためには何が必要なのか?

 

 

目的意識を持って「プラプラ」しよう

 

サンプルを増やすには色んな世界に足を運ぶことが必要です。

1つの世界では数限られたサンプルしか得られない。

もっと多くの知識を学び経験を積む必要があります。

 

「やりたいこと」が見つからなくても…

 

かつてボクもやりたいことが見つかりませんでした。

20代も後半まで仕事をコロコロ変えては周囲から白い目で見られました。

「いつまでプラプラしているつもりだ」と何度も叱責されました。

 

しかし今では「選択と集中」する先が見つかりました。

 

やりたいことが見つからないならコロコロ変えて良い。

あちこちの世界を「プラプラ」してこそサンプルは増えていきます。

ボクもプラプラしたからこそ今があります。

 

今すぐやりたいことを決める必要なんてありません。

周りから責められたとしても引け目を感じる必要はありません。

 

しかし。

ただプラプラしているだけではダメ。

選択のサンプルを集めるためにプラプラする」のです。

 

焦って他の誰かと同じ道を歩もうとすればズルズルと落ち目になる…。

それは恵方巻のノルマ問題からも見て取れます。

「あなただけのやりたいこと」に出会うためにプラプラしましょう。

 

いつまでも結果が出ない人と日本が国際社会でリーダーになれない理由の共通点

いつまでも結果が出ない人と日本が国際社会でリーダーになれない理由の共通点

 

なぜいつまでも結果が出ないのか?

 

ラジオを聞いていてふと思ったことをまとめてみました。
国際情勢に詳しいワケでもないのに…そんなこと語っていいの?

 

 

なぜ、なかなか結果が出ないのか?

 

「これからの時代に日本が国際社会でリーダーシップを発揮するためには…」

 

国会中継を放送するラジオから聞こえたフレーズ。

 

「何年も前から同じことを言っているような気がする…。」

「要は何も進んでいないんだろうな…」

率直にそう思いました。

 

そして。

こうも感じました。

「なかなか結果を出せない人の特徴に似ている…。」

 

世の中には言うことが大きく知識もあるのに、

なかなか行動できず結果が出せない…という人がいます。

身近にも一人いました。

 

 

それは、ボクです。
アンタかよ!

 

動けない頭でっかち

 

20代も半ばの頃。

ボクはビジネス書や自己啓発の本を読み漁っては、

「自分のビジネスがやりたい」と想いを昂らせていました。

 

しかしその「やりたい」が実現したことはなく、

気付いたときには新しい「やりたい」ができていて…。

知識だけは豊富だけど実行が伴わない頭でっかちでした。

 

この頃のボクをいま分析するならば。

「ヴィジョンを描く自分に酔っていた」状態でした。

 

 

戦略ばかりが御大層…

 

国際社会でのリーダーシップ云々にしても同じことが言えます。

リーダーシップ戦略とやらを見てみると、

聞こえの良い御大層な言葉がズラリと並びます。

 

  • 「政府と国際NGOとの連携を強化して…」
  • 「グッドガバナンス実現のための制度を…」
  • 「温暖化対策におけるビジョンの確立と…」

 

ですがやっていることは理想を描いているだけ。

「こんなことができたらいいよね~」で止まっているから。

戦略ばかり熱く語っても実行が伴っていないんですよね。

 

まぁ政府は青写真を描くのが仕事だから仕方ないけどね。あとは税金を使って現場にやらせるだけだし…。
またそういうことを言う…。

 

 

「夢太り」という病気

 

隗より始めよ

という言葉があります。

 

中国の故事で意味は

「大きなことを成したければまず身近なことから始めろ」。

 

大きな夢を抱くのは心地よいものです。

ヴィジョンを描いているときは頑張っている気分になれますし、

「本当にやりたいこと」を探している自分は偉大な気がします。

 

でも大きな夢を描きすぎるほどに行動が鈍ります。

描く理想と現実の自分のギャップが開きすぎるから。

 

「あの知識が必要だ」「この技術も学ばなきゃ」

足りないモノばかりが見えてくる。

どんどんとクリアしなければならない課題が増えてくる。

 

夢を大きく描くほどに自ら行動を縛っていく。

この現象をボクは「夢太り」と呼んでいます。

 

 

”自分中心な国”がリーダーだった時代

 

1980年代。

日本がアジアのリーダーとして見られた時代がありました。

例えばマレーシアでは「ルックイースト(日本に学べ)」が政策の標語に。

 

では当時の日本がどうだったかというと。

高度経済成長期がピークを迎え安定期に入った頃です。

 

それまで日本は終戦のドン底から復興することがすべてでした。

「追いつけ追い越せ」のフレーズにもあるように、

「自国がどう発展していくか」しか考えていなかった時代。

 

このとき日本に「世界のリーダー」なんて考えはなかった。

自国の経済を成長させることがすべてだった。

だけどその姿はアジアの諸国にも勇気を与えた。

 

これこそまさに「隗より始めよ」ではないでしょうか。

 

 

大事よりも小事が大事

 

今では当時のボクを笑えるようになりました。

自分のビジネスを持てるようになったのもそうですが、

それよりも「ちっぽけなこと」の大切さを知れたからです。

 

「やりたいこと」を考えて大きな夢を描くことよりも、

やらなきゃいけないことを片付けることの方がよっぽど重要。

その方が結果に近づくのだと理解できたからです。

 

完璧な計画なんていらない。

行動を鈍らせるだけです。

 

準備が不完全でもとりあえずやってみる。

やれば何かしら課題が見えてきますから。

 

大きく始めてからの失敗は大変なことになりますが、

小さく始めての失敗は難なく取り返せます。

 

 

もしあなたが「いつまでも結果がでない人」だったならば、

大きな理想やヴィジョンを描くことに夢中になっていませんか?

 

 

「明日やりたいこと」ではなく「今日やるべきこと」は何ですか?

足元の課題から一つ一つ片付けていきましょう。

 

運が悪い原因は「目が悪い」、ツキを引き寄せたいなら目を良くしよう

運が悪い原因は「目が悪い」、ツキを引き寄せたいなら目を良くしよう

 

「運が悪い、は目が悪い」

 

なにそれ?
いやぁ。以前「運が悪い人」の話題でふと出た発言だったのだけど…。
今思うと「なるほど」と腑に落ちたので今回は「運が悪い」のメカニズムについて語ってみようと思う。

 

この記事の続きを読む