この記事は約 3 分で読めます

 

さてさて、日課の『ツイ→ブロ トレーニング』。本日の話題は?
今日のTwitterトレンド1位は……『暗殺教室完結』だね

 

2021/01/18Twitterトレンドから

 

目次

開く

暗殺教室完結から5年、新連載スタート

 

あれ、暗殺教室ってまだ続いてたの?読んだコト無いけど……
完結してるよ。で次号から同作者の新連載が始まるらしい

 

 

前作完結から5年ぶりの新作、ってコトで界隈が盛り上がってるみたいだね
少年ジャンプか……かれこれ10年近く読んでない気がするけど、最近はどんな感じなんだろ

 

暗殺教室』(あんさつきょうしつ)は、松井優征の日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2012年31号から2016年16号まで連載された。

引用:Wikipedia

 

 

『暗殺教室完結』関連ツイート

 

さてさて、どんなツイートがあるかな?
完結から5年も経つコトへの驚きとか作品への思い入れとか、コメントは色々だね

 

暗殺教室の凄さ

 

 

既に最終回が決まっていたからこそアニメと原作のズレが生じなかった、と
原作に追いついてしまったからアニメオリジナルの展開で引き延ばす……って作品は結構多いもんね

 

魔界探偵脳噛ネウロ好きおる?

 

 

ネウロとタッチが違いすぎて、最初画を見たとき同じ作者だと思えなかった記憶がある……
新連載と比べると絵が更に変わった感があるね。丸くなったというか

 

 

1巻出るスピード……

 

 

ハンターハンターは休載が多くて全然ストーリーが進まない、ってよく聞くけど想像以上だった……
あれ?調べる限りでは暗殺教室の方がHUNTER×HUNTER32巻より先にスタートしてるけど……

 

※時系列としては「暗殺教室の連載スタート → HUNTER×HUNTER32巻発売」

『暗殺教室』連載スタート:2012年7月2日Wikipedia調べ

『HUNTER×HUNTER』32巻発売:2012年12月28日 ※Amazon調べ

 

ハンターハンター32巻

 

BLEACHの長さよ……

 

 

それだけBLEACH最終章のストーリーが長引いた、ってコトだね
ぼくも読んでた尸魂界(ソウルソサエティ)編の頃はストーリーがサクサク進んでたイメージあるけどなぁ……

 

完結させる美学

 

 

「いつ打ち切られても良いようにいくつもプロット考えてた」って逸話は本当にスゴイ
漫画の連載を進めながらアニメの打ち合わせに参加して、って背景を考えると超人に近いな

 

スラムダンクに見る「終わらせる美学」

 

さてさて。何か気になったツイートはあったかな?
どのツイートも興味深かったけど、一つ選ぶならコレかな

 

 

「作品を完結させる美学」と聞いてぼくが思い浮かべるのは『SLAM DUNK』だね

 

『SLAM DUNK』(スラムダンク)は、高校バスケットボールを題材にした井上雄彦による少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。

引用:Wikipedia

 

 

『SLAM DUNK』の終了はあまりにも唐突だった。作品の人気は絶頂、ストーリーも最高潮のタイミングで突然完結したのだ。

インターハイに出場した主人公たちの湘北高校はトーナメント戦2回戦、優勝候補と名高い"王者"山王高校と激突する。

圧倒的な力量差に敗色濃厚。しかし必死に追い縋り、負傷しながらもすべてを出し切った主人公のシュートで逆転勝利を果たす。

 

優勝候補を下し、いよいよインターハイは佳境に……と思いきや、次の3回戦であっさりと(試合のシーンすら無く)負けて作品は終了を迎える。

コミックス派のぼくですら肩透かしを食らった気分だったのだから、リアルタイムで連載を追っていた読者の衝撃たるや察しがつかない。

当時は謎の打ち切り説、作者の体調不良説が出るなど賛否両論の終わり方だった。

 

……が作品の終了は打ち切りでも何でもなく、作者本人が元々決めていた終わり方だったという。

この試合(山王高校戦)以上に面白い話は書けない。ダラダラと引き延ばしたくない。ピークの内にスパッと終わらせたい。

人気絶頂の内に終わらせるのが作品にとって幸福である、との作者 井上雄彦氏の想いを知って大いに頷かされたのだ。

 

成功したモノを「終わらせる」ってもの凄く難しいコトだよね。「もう少し、もう少し」って引き延ばしたい欲に駆られちゃうから
まだまだ人気絶頂の作品だったし、実際にジャンプの編集部からは「終わらせるな」と強い引き止めがあったみたいだしね

 

 

でも井上氏は「作品の終わり」を決めていたからキレイに終わらせるコトができた。とてもカッコイイと思う
「まだイケるんじゃないか」ってタイミングで敢えて辞めるのは難しいからこそ「終わらせる」決断が輝くよね。イチロー選手の引退とか
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!