この記事は約 3 分で読めます

 

さて。いつもの日課『興味のトレーニング』。本日の話題は?
今日のTwitterトレンド1位は……『チック・コリア』だね

 

2021/02/12twitterトレンド

 

目次

開く

チック・コリア氏、死去

 

 

…すみません、知らない方です。ジャズとかまったく聴かないんで…
んじゃコレを機に、ジャズ界の巨匠"チック・コリア"がどんな方か見ていこうか

 

チック・コリア、最期の言葉

 

 

生涯現役を貫き、後進育成にも力を注いできた名プレイヤーらしい言葉だと思うね
彼がどんな人物か知らないけど、温和で優しい人柄だったんだろうな

 

名曲「スペイン」

 

 

スペイン。彼の代表作にして、今も多くの音楽家に演奏される名曲だね
あ、聴いたコトある。この曲がそうだったのか…

 

チック・コリアを悼む声

 

 

 

 

 

チック・コリア氏を慕う人って大勢いるんだね
プレイヤーとしても超一流の上に人柄も良い。もはやジャズ界の巨匠にしてアイドルよ

 

チック・コリアはなぜ"巨匠"と呼ばれるのか?

 

さぁて、何か気になるコトはあったかな?
チック・コリア氏って『ジャズ界の巨匠』って呼ばれていたんだよね?
スゴイ人だってのはわかるけど、具体的に何がどう凄かったの?
そうねぇ。活躍を数えればキリがないけど……パッと思いつくのはこの辺かな

 

  • ジャズ界でも群を抜く"多作家"
  • 他の音楽家にも親しまれる楽曲が多数
  • アコースティックとエレクトリックを自在に操る
  • グラミー賞の超常連
  • 育成者としても超一流
  • 70過ぎても現役のプレイヤー

 

……なるほど。ちょっと聞いただけでもスゴイ人だってわかる
せっかく話したんだから、もう少し語らせてもらうよ?

 

ジャズ界でも群を抜く"多作家"

 

音楽家として活動しておよそ半世紀、ほぼ毎年のようにアルバムを"複数"出し続けていた。それもほぼ全て彼が作り出した曲だ
ほぼ毎年、複数のアルバム…?そんなペースで作曲するアーティストなんて音楽業界全体でも珍しいんじゃないの?

 

他の音楽家にも親しまれる名曲が多数

 

そして生み出された数々の曲はジャンルを超えて親しまれている。中でも『ラ・フィエスタ(La Fiestar)』や『スペイン (Spain)』は今なお多くの音楽家を惹きつけて止まない名曲だ
…聴いてみたけど、うん。情熱的でありながら哀愁を帯びていて、だけど躍動的な…独特なリズムだね

 

アコースティックとエレクトリックを自在に操る

 

「アコースティック」とは謂わば昔ながらのピアノで、「エレクトリック」とは電子ピアノで演奏するジャズを指す
チック・コリアはアコースティックとエレクトリック、2つのジャズの分野に同じバンドメンバーを率いて活躍した。こんな試みをしている人は他にいない
…例えるならサッカーとハンドボールを同時にやるみたいなモノかな?とにかく、スゴイってコトはわかる

 

グラミー賞の超常連

 

チック・コリアは世界的に有名な音楽賞であるグラミー賞の最優秀賞を23回も受賞している。コレがどれだけの偉業か、何となくでもわかるだろう?
世界的な、ノミネートされるだけでも大騒ぎされるグラミー賞を23回も?…なるほど、巨匠と言われるのも納得だね

 

若手ミュージシャンを数多く輩出

 

チック・コリアは若手の才能を発掘する力も超一流。マーカス・ギルモアやスタンリー・クラークなど、彼が才能を見抜いたアーティストは今も世界の舞台で活躍している
演奏の腕が超一流なだけでなく後進育成の腕もあるとか…完璧超人かな?

 

70過ぎても活動的

 

つい最近の2020年にもグラミー賞を受賞している。70過ぎても音楽への意欲も技量も衰えない
更にはオンラインの音楽学校『チック・コリア・アカデミー』を設立するなど、後進育成にも積極的だった。まさにジャズ界の重鎮
まさに生涯現役だったワケか…素晴らしいな

 

 

 

……どうだい?なぜチック・コリアが"巨匠"と呼ばれたか、理解できたかい?
理解した。Amazonでいくつか曲をポチってみたけど…彼の楽曲が多くの人々を魅了してきたのがよくわかる
と同時に、もう彼の新しい曲が聴けないと思うと寂しく感じる
…それでは最後にチック・コリア氏のメッセージを引用して、彼の冥福を祈ろうか

 

公式SNSにて公開されたチック・コリア氏のメッセージ:

I want to thank all of those along my journey who have helped keep the music fires burning bright. It is my hope that those who have an inkling to play, write, perform or otherwise, do so. If not for yourself then for the rest of us. It’s not only that the world needs more artists, it’s also just a lot of fun.

And to my amazing musician friends who have been like family to me as long as I’ve known you: It has been a blessing and an honor learning from and playing with all of you. My mission has always been to bring the joy of creating anywhere I could, and to have done so with all the artists that I admire so dearly—this has been the richness of my life.

私の旅路において、音楽の火を明るく燃やし続けてくれた全ての人に感謝します。演奏したい、作曲したい、パフォーマンスしたいと思っている人は、そうしてほしいと願っています。自分のためではなくとも、他の人々のために。世界はより多くのアーティストを必要としているだけではなく、それは単にとても楽しいことなのだから。

そして、知っている限りの、私にとって家族のような存在だった素晴らしいミュージシャンの友人たちへ。皆さんから学び、皆さんと一緒に演奏できたことは幸せであり、名誉なことでした。私の使命は、どこにでも創作の喜びをもたらすこと、そして私が心から尊敬するアーティストたちと一緒にそれを実現すること、これが私の人生の豊かさでした。

引用:UNIVERSAL MUSIC JAPAN

「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!