この記事は約 1 分で読めます

ウイルス根絶で国が亡ぶ?新型コロナの封じ込めが不可能な理由

 

【台北時事】台湾が新型コロナウイルスの封じ込めに成功している。14日は3月9日以来、36日ぶりに新規感染者数ゼロを達成。官民一体の取り組みが奏功した格好で、政府対策本部は「喜ぶに値するが、警戒はこのまま続けてほしい」と手綱を引き締めている。

台湾、コロナ封じ込め成功 新規感染者ゼロも引き締め

 

けいと
けいと
台湾で新型コロナの封じ込めに成功したみたいだね!これは明るいニュースじゃない?
THATMAN
THATMAN
…個人的には危ない傾向だと思いますネ。「封じ込め」を誤解している可能性がありまス。
けいと
けいと
封じ込めを誤解?
THATMAN
THATMAN
そうですね、では今回は新型コロナウイルスの「封じ込め戦略」について語りましょうカ。

 

 

「封じ込め戦略」とは?

 

THATMAN
THATMAN
『封じ込め』とは、簡単に言えば「全人類がウイルスを根絶するまで徹底的に社会封鎖しましょう」という戦略でス。

 

  1. 社会封鎖して人の移動を制限し感染経路を断つ
  2. クラスターが発生したら医療行為などで対処
  3. ウイルスが根絶されるまで社会封鎖を続ける

 

THATMAN
THATMAN
一つ一つ説明しましょうカ。

 

 

 

①徹底的な社会封鎖で感染経路を断つ

 

THATMAN
THATMAN
ウイルスの感染は「人の移動」によって起こりまス。
THATMAN
THATMAN
ですから新規感染を抑えるために人の移動を"完全に"封じて、感染経路を一切遮断しまス。
けいと
けいと
それがいわゆる「都市封鎖(ロックダウン)」ってヤツか。
THATMAN
THATMAN
えエ。人の移動が多い都市ほどウイルスは感染増加しやすいので、都市を封鎖するのは当然の流れですネ。

 

 

 

②クラスターが発生したら対処していく

 

THATMAN
THATMAN
とはいえ、誰もが全く家から一歩も出ずに過ごすのは不可能でス。
けいと
けいと
そうだね。食べ物や薬の調達とか必要になるもんね。
THATMAN
THATMAN
えエ。ですからごく狭い範囲で必要最低限の外出は認められまス。
THATMAN
THATMAN
すると街や村など、ごく小さな単位でクラスター(集団感染)が発生しまス。
THATMAN
THATMAN
それでも都市間での移動は制限していますから感染が外に広がる事はありませン。
THATMAN
THATMAN
発生したごく小さなクラスターにのみ医療行為などの対応をしていけば良いのでス。
けいと
けいと
クラスターが小さい内に潰していく、ってコトだね。

 

 

 

③ウイルスが根絶されるまで封鎖を続ける

 

THATMAN
THATMAN
COVID-19で重症化した人は治療しまス。重症化しなかった人は療養すれば回復に向かいまス。
THATMAN
THATMAN
そうやって「クラスターが小さい内に対処して、感染を広げない」事を徹底すると、いずれどうなりますカ?
けいと
けいと
新規感染者が出なくなる?
THATMAN
THATMAN
その通リ。しばらく新規感染者が出ない期間が続けば「人類はウイルスを根絶した」として社会封鎖を解除できる訳ですネ。

 

 

 

封じ込め戦略は「机上の空論」

 

THATMAN
THATMAN
と、まぁこれは理想論でス。「机上の空論」と言っても良いかもしれませン。
けいと
けいと
机上の空論?実現不可能ってコト?
THATMAN
THATMAN
目に見えないウイルスをどうやって「根絶された」と判断するのですカ?
けいと
けいと
…新規感染者が出なくなるまで?
THATMAN
THATMAN
人々の移動を徹底的に制限すれば当然、新規感染者は出ないでしょウ。
THATMAN
THATMAN
しかし「新規感染者が出ない=ウイルスが根絶された」ではありませン。
けいと
けいと
そうか、症状が出ない状態で体内に潜伏している可能性もあるのか。
THATMAN
THATMAN
この状態で仮に社会封鎖を解いたらどうなるでしょうカ?
けいと
けいと
…再び感染が始まる?
THATMAN
THATMAN
その通リ。実際に「封じ込めに成功した」と言われていた中国では、都市封鎖の解除後に再度感染が起こりましタ。

 

 

 

 新型コロナウイルス感染拡大への危機感が世界中で高まるなか、中国河南省平頂山市コウ県(人口約63万人)で3月下旬、新たな感染例が報告された。同県は2月上旬に都市封鎖の措置を受けたものの、感染拡大が収まったとして同月下旬には解除されていた。だがその後、無症状感染症の存在が発覚し、4月1日、再度の封鎖となった。封鎖が解除された後、また封鎖されるのは中国では初めて。無症状感染者の存在が感染の封じ込めを困難にしている実態が浮かび上がった。

 

まさかの“2度目の都市封鎖”――無症状感染者が新型コロナウイルス封じ込めの死角

 

 

THATMAN
THATMAN
ですから「ウイルスが根絶されたか」を短期で判断できませン。確実にウイルスが根絶されるまで長期の、それこそ年単位で社会封鎖を継続する必要がありまス。

 

 

 

ウイルス根絶より前に文明が滅ぶ

 

THATMAN
THATMAN
では年単位で社会封鎖、つまりは経済をストップさせればどうなるでしょうカ?
THATMAN
THATMAN
仮に東京を都市封鎖して1年間、人から物まで一切の出入りを禁止された状況を想像してみて下さイ。
けいと
けいと
…食べ物とかの輸送が年単位で止まったら、ほとんどの人は餓死するよね。
THATMAN
THATMAN
本当に「ウイルスを根絶するまで」封じ込めを続けるとしたら、ウイルス根絶よりも先に国が滅びまス。ですから「机上の空論」と言ったのでス。
けいと
けいと
確かに日本の「自粛」でさえこんなに苦しいのに、外国みたいに本格的なロックダウンが年単位で続けばどうにかなっちゃうよね…。
THATMAN
THATMAN
ですから「ウイルスの根絶より共生する道を選ぼうよ」「ワクチンを開発して、大勢が免疫を持てば問題ないよね」という考え方を持つ人々もいまス。
THATMAN
THATMAN
次回はこの「集団免疫」という考え方を学んでいきましょウ。

 

 

「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!
カテゴリー