この記事は約 1 分で読めます

人生が上手くいかない、毎日疲れている人が陥っているヤバい思考
なんだか煽るタイトルねぇ。何を思ってこんな表題にしたのかしら?
最近「なんだかいろいろ上手くいかない」とこぼす人に出会う機会が多くてね。
その人たちってとっても疲れた様子なのと…もう一つ、考え方に共通点があるな~と感じた瞬間に浮かんだフレーズが今回のタイトル。
ということで今回は『なかなか上手くいかずに毎日疲れている人が陥っている共通の思考』について語ってみる。

 

 

“期待”するほどに上手くいかない

 

 

「なんだか色々なことが上手くいかない」と思っている人に共通している傾向は…『期待』している、ということだとボクは感じた。
…期待?

 

き‐たい【期待】の意味

[名](スル)あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること。当てにして心待ちにすること。

引用:goo辞書

 

うん、期待。「物事がうまくいかない」と消耗している人ほど、期待しているように見える。
それは人間だもの。物事が上手く進むことを望むのは当たり前じゃないのかしら?
確かに誰しも「物事がうまく進むことを望む」けど、それがイコール”期待”かというと少し違うとボクは思う。
「物事がうまくいかない」と考える人…ここからは『期待する人』と呼ぶけど、そういう人は“自分がコントロールできる事象”と”自分でコントロールできない事象”を区別できていない

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

例えば次の日から旅行に行くとして、晴れることを願っても実際に晴れるかどうかはわからないよね?晴れるために努力できることなんてないはずだ。
それはそうよね。努力で晴れるなら気象予報士はいらないわ。
だけど期待する人は、自分が願うことで天気が晴れると思っているし晴れなかったら気分が悪くなったりする。
…そんな人、いるかしら?
まぁ、これは極端な喩えだけど…要は『自分ではコントロールがつかない部分』に対して自分が都合の良いように進むことを望むのが”期待”だね。

 

 

疲れるのは「コントロールできない部分に心を向けるから」

 

“期待”については例えを変えるとイメージが湧きやすいかな?

 

  • 「挨拶したのだから挨拶を返すのが当然だ」
  • 「なんでアイツはオレの言っていることを理解しないんだ」
  • 「時給を上げてもらうために仕事を頑張ろう」

 

こんな感じに”期待”している人って身近にも意外にいるんじゃないかな?
どれにも共通するのは他人の行動や考えなんてコントロールしようがないのに、自分の都合がいい方向に進むことを願っている…つまり期待している。
…確かに。「こうなって欲しい」と思っただけで他人の考えや行動が望むように変化したら苦労しないわね。
だけど”期待”する人は、他人の考えや行動が自分が好むよう望むように変化することを”期待”する。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

当然変わるワケがないのに、変わらなかったことに「なぜ挨拶を返さないのか」「なぜアイツは理解してくれないのか」「なぜ時給が上がらないのか」と憤り裏切られたような気持になる。
なるほど。色んなことに期待して、上手くいかなかった度に「裏切られた」と感じていればそれは精神的に消耗するでしょうね。

 

 

人生の疲れから解放されるために

 

つまり「上手くいかない」から解放されるためには”期待”しなければいい、ってことね。
でもそのためには何をすればいいのかしら?
まずは「自分にコントロールできる部分とできない部分がある」ってことを認識できるようになることが大前提だね。
…カンタンそうに見えて、意外に難しいわね。自分目線で生きている以上、どうしても気付けないことはあるでしょうし…。
その辺は訓練だよね。コツとしては「自分は自分」「自分とは違うモノの見方や考え方をする人がいる」と自覚することじゃないかな?そうすればコントロールできる範囲が見えてくるハズだ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

そうしてコントロールできる部分の認識ができたら、自分がコントロールできる部分にのみ心を向けていく。
対してコントロールできない部分に関しては「気にしても仕方ない」というスタンスでいることかな。
つまりは自分でコントロールできる部分にのみリソースを注いでいけるようにするのね。確かに自分にコントロールできない部分にいくら努力してもムダだものね。
限られたリソースを然るべき部分に限定して注ぐことでムダにエネルギーを空費せず済むし、ムダに「裏切られた」と感じることも少なくなるから苦痛の少ない人生につながることだろう。

 

 

ありがとうございました。