この記事は約 1 分で読めます

Amazonレビューから考える、ノウハウコレクターの脱出方法

 

 

THATMAN
THATMAN
今回のテーマは何ですカ?
けいと
けいと
「ノウハウコレクターの脱出方法」についてやっていこうと思う。

 

 

Amazonレビューを見て思った「危ない」

 

けいと
けいと
Amazonで書籍のレビューを見ていた時のコトなんだけど…。

 

  • ありきたりな事ばかり
  • 知っている事しか書かれていない
  • ネットでわかる情報ばかり

 

けいと
けいと
こういうコメントを見て、ふと「危ないな」と思った。
THATMAN
THATMAN
危ない、とハ?

 

 

 

「知っている」の危険性

けいと
けいと
特に危ないと思ったのは「知っている」ってコメント。
けいと
けいと
というのもボクは「知っている」と「理解している」は全くの別物、と思っているんだよね。
THATMAN
THATMAN
それはその通りでしょウ。情報を"知る"事は本を読むだけで出来ますが、"理解"には情報を噛み砕く力が求められまス。
けいと
けいと
だよね。だから本を読んで「この情報、知ってる」って感想が出た場合って危険だと思うんだ。
けいと
けいと
この場合、自分では理解している"つもり"でも実際は知っている"だけ"の事もあり得るよね。
THATMAN
THATMAN
その場合「知識量がある"だけ"」の、云わばノウハウコレクターになっている状況ですネ。
THATMAN
THATMAN
知識を活かせない癖に、「知識がある」という事で自意識が肥大してプライドが高くなる恐れがありまス。
けいと
けいと
…それを言われると痛いなぁ。ボクもノウハウコレクターの自覚があるし。

 

 

 

「知っている」はノウハウコレクター脱出のチャンス?

 

けいと
けいと
で。「知っている」と思った時こそ、ノウハウコレクター脱出のチャンスなんじゃないか、と思った。
THATMAN
THATMAN
「知っている」はノウハウコレクター脱出のチャンス、ですカ?
けいと
けいと
うん。本を読んで「この情報、知ってる」って思ったとき、「知ってる情報ばかりだった」で終わらせないコト。
けいと
けいと
一歩進んで「じゃあ自分はこの本の情報をどれだけ理解できているのか?」確かめるようにする。
THATMAN
THATMAN
ふむ…具体的には何をするのですカ?

 

 

本の理解度を確認する方法

 

けいと
けいと
本の内容を理解しているか、確かめるのに一番手っ取り早いのは「その本について説明する」事だと思うんだ。
THATMAN
THATMAN
そうですネ。その本の内容を理解していなければ説明できませんネ。

 

  • 読書会に参加
  • ブログやSNSで発信

 

けいと
けいと
だからこういう、本の内容を「誰かに伝える」場を用意してみるのがいいんじゃないかな。

 

 

 

読書会に参加

 

けいと
けいと
中でも一番理想的なのは読書会に参加するコトだと思う。
THATMAN
THATMAN
そうですネ。読書会では、読んだ本の内容を参加者に説明する機会がありますからネ。
けいと
けいと
本の内容をちゃんと理解していないと人に説明なんてできないもんね。
THATMAN
THATMAN
相手が目の前にいるので説明しやすいですし、すぐに質問が返ってくるので理解度のフィードバックも得やすいですネ。
けいと
けいと
答えられない質問があったら「理解が浅い」ってコトだもんね。
THATMAN
THATMAN
加えて他の参加者が読んだ本にも触れる事が出来まス。興味の幅も広がって一石二鳥ですネ。
けいと
けいと
最近は『オンライン読書会』みたいなのもあるから、そういうコミュニティに参加するのも良いかもね。

 

 

ブログやSNSで発信

 

けいと
けいと
「読書会みたいな集いに参加するのはハードルが高い」って人は、ブログやSNSで発信するのも手かと思う。
THATMAN
THATMAN
具体的にはどんな発信をするのですカ?
けいと
けいと
その本の内容について説明する発信をする。
THATMAN
THATMAN
その本のレビュー記事を書く、という事ですカ。

 

 

 

 

けいと
けいと
だけど読書会と違って伝える人が目の前にいないから、その本を読んだコトが無い人を"想定"して発信するしかないね。
THATMAN
THATMAN
読書会と違って質問などをすぐに受けられない分、本を読み込んで記事の構成を練る力が求められますネ。
けいと
けいと
うん。全部自分の頭で考えないといけない分、アウトプットとしてのハードルはコッチの方が高いんじゃないかな。
THATMAN
THATMAN
ですがあなたのような「人の集まる場所」が苦手で、読書会に参加できない人はこちら一択ですネ。
けいと
けいと
…このコミュ障気質、直さなきゃいけないとは思っているんだけど、なかなかねぇ…。

 

 

「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!
カテゴリー