この記事は約 1 分で読めます

GIMPで漫画みたいな吹き出しを自作する方法!

GIMPでマンガみたいな吹き出しを自作する方法、のコーナーです。
…いつ、そんなコーナーができたのかしら?
ボクが吹き出しを自作する方法を身に着けたからです。方法をメモっておくためです。それ以上でもそれ以下でもありません。

 

 

思ったような吹き出しをつくりたい!

 

 

そもそもなんで吹き出しを自作しようと思ったの?無償で配布されている素材を使わせていただけばいいじゃない。
確かにそうなんだけどね…。いざ利用してみるとなんかちがうというかコレジャナイ感が…。
それで自作しようと思った訳ね。
で、自分なりの方法ができたのでまとめておこうかな~と記事にしました。

 

GIMPで丸い吹き出しを作る

 

 

まずは吹き出しを入れたい素材を用意します。
なんで背景がグレーなの?
操作が見えやすいように。

 

 

吹き出し用のレイヤーを作成

 

 

吹き出しのレイヤーを作成するために、新しいレイヤーを追加しておく。
このとき「レイヤーの塗りつぶし方法」は透明にしておくのね。

 

吹き出しの形を作る

 

 

そしたら次は[楕円選択]を選んで…

 

 

テキトーに楕円形をつくる。
サイズや形は後からいくらでも修正できるのでこの時点ではあまり慎重になる必要はないね。

 

 

吹き出しのシッポをつける

 

 

今度は口元から出るシッポの部分をつくる作業。
[自由選択]を選んだら…。

 

 

Shiftキーを押しながら、三角形を結んでいきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

Shiftキーを押しながら、ですよ。大切なことなので2度言いました。

 

 

あ、これでマンガの吹き出しっぽくなったわね。

 

 

吹き出しに色をつける

 

 

後は「編集(E) → 背景色で塗りつぶす」を選べば…。

 

 

これで吹き出しの形になったわね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

もちろん描画色や背景色の設定を変えれば好みの色に出来るし…。

 

 

[ブレンド]機能を使えば…

 

 

こんな感じにグラデーションにもできる。
設定を変えれば、色々なカラーリングにできるのは良いわね。

 

 

四角い吹き出しの作り方

 

四角い吹き出しも同じようにして作れる。
このブログのアイキャッチでも使われている形の吹き出しね。

 

 

吹き出しの大枠をつくる

 

 

[矩形選択]を選んで…。
「矩形(くけい)」って読むのね。

 

 

大まかな吹き出しのカタチをつくる。
なんか四隅がカクカクしていてイヤね。もう少し角を丸くできないかしら?

 

四隅に丸みをつける

 

 

その場合はツールボックスの[角を丸める]にチェックを入れる。
するとどれくらい丸みを帯びさせるか指定できるから、そこを設定して選択肢し直せば丸みのある吹き出しができる。

 

 

シッポを加える

 


あとは[自由選択]からShiftキーを押しながら三角形を追加すれば、こんな感じの吹き出しができる。

 

 

あとは同じ手順で吹き出しに色をつけて…。

 

 

[テキスト]を入れれば、吹き出しが完成だ。
おー、それっぽいわね。

 

 

応用編:雲っぽい吹き出しの作り方

 

そう言えば、あれはできないの?もっと漫画っぽい、ふわふわ雲みたいな吹き出し。
あー…。できるにはできるんだけど…かなり手間がかかるんだよね。

 

吹き出しの形をつくる

 

 

まずはさっきと同じように、[楕円選択]から吹き出しのカタチをつくる。
このとき少し小さめに作るのがコツだね。理由はあとでわかるけど。

 

 

そうしたらShiftキーを押しながら、最初の楕円を縁取るように楕円を選択すると…。

 

 

あ、一部だけモコッと雲みたいになったわね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

…って、まさか…。

 

 

ご名答。こうやってShiftキーを押しながら、一つ一つ同じような作業を繰り返していく。
うわっ、面倒くさっ!!
面倒臭いのは事実だけど、そんなに精密な操作は求められないからツラくはない。

 

 

 

こうやって一度、Shiftキーを押しながらどこかで丸を作ってしまえば…。

 

 

Shiftキーを離した状態でも、こういう風に丸の位置は動かせるし…。

 

 

こうやって後からサイズやカタチを変えることもできる。あまり神経質にならなくても大丈夫。
誤ってShiftキーを押し忘れて作業が消えても[Ctrl+Z]で戻れるし。
…だとしても面倒臭いわよ。

 

 

ひたすら同じ作業を繰り返して、こういう形をつくる。
あぁ。一番最初の楕円を小さく作ったのは、作業しているうちに吹き出しの形が段々大きくなってくるからだったのね。

 

あとは同じ手順

 

 

あとは同じように[自由選択]で出っ張りの部分を追加して…。

 

 

色つけたり縁取りすれば、雲っぽい吹き出しの完成だ。
本当に手間がかかるわね…。
この方法は我流の方法だから、たぶんもっとカンタンに作る方法もあるかもしれないけどね。

 

 

作り終えたらこんな感じに、背景透明の画像として保存しておけば素材として使えるかもね。

 

 

ありがとうございました。