この記事は約 2 分で読めます

 

さて。いつもの日課『興味のトレーニング』。本日の話題は?
今日のTwitterトレンド1位は……『ローソンホロライブ』だね

 

2021/02/02Twitterトレンド

 

目次

開く

「ローソン×ホロライブ」キャンペーン

 

 

ホロライブって確か、Vtuberの事務所だったっけ。あのローソンとコラボって、人気コンテンツなんだな
テレビやゲームにも出演してるくらいだからね。ホロライブのVtuberといえばもはや芸能人の域だよ

 

『ホロライブプロダクション』(hololive production)は、カバー株式会社が運営する日本のバーチャルYouTuber(以下・VTuber)事務所。

事務所の名称は、代表アイドルときのそら(時乃そら)をイメージキャラクターとしたライブ配信サービス『hololive』に由来する。

当初は女性VTuber事務所に『ホロライブ』の名称を用いていたが、2019年12月2日より女性VTuberグループ『ホロライブ』、男性VTuberグループ『ホロスターズ』、音楽レーベル『イノナカミュージック』を統合し、事務所名称が『ホロライブプロダクション』へと統一された。

引用:Wikipedia

 

 

ホロライブクリアファイル

出典:ローソン

 

で、今回はローソンで対象のお菓子買うとクリアファイルが貰えるキャンペーンみたいだね
名前知ってるのが湊あくあくらいしかいない……

 

『ローソンホロライブ』関連ツイート

 

さてさて、どんなツイートがあるかな?
「手に入れた、やったぜ」ってツイートしかない。ホロライブ知らないので反応できない

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりホロライブを大して知らないから何もコメントできないんだけど…
でも「キャンペーン開始の7時に行って無事ゲット!」ってツイート見る限り、ぼくが知らないだけで世間では人気なんだね

 

星街すいせい、凄くね?

 

さぁて、何か"興味のタネ"は見つかったかな?
ホロライブの星街すいせいさんが気になったかな
ほう。それは、なぜ?
Wikipedia見てたら星街すいせいに興味が出てきた

 

2018年3月18日にYouTubeチャンネルを開設、同日に自身のTwitterにてキャラクターデザインを公開した。その後の同月22日にYouTubeチャンネルに1本目となる動画を投稿した。企業などの支援を受けずに個人で活動をするいわゆる「個人勢」としてデビューをしたため、自身のアイコンやロゴ、キャラクターデザイン、Live2Dの設定、動画の編集などをすべて星街1人で行っていた

引用:Wikipedia

 

4人の中で1人だけ個人勢からの転籍で、制作関係は全部一人でやってたってポテンシャルの高さがスゴイ
加えて歌唱力も凄い。さすが元々は音楽分野に特化して活動してただけある、彼女のオリジナル曲『天球、彗星は夜を跨いで』聴いて軽く身震いしたよ

 

 

星街すいせいを追う

 

今までVtuberって誰も同じだと思ってたんだよね。ゲームか雑談する人でしょ、って
それ以上はいけない
でも今回、星街すいせいを知って認識が変わった。やっぱり支持される理由があるんだなって
なのでまずは星街すいせいをキッカケに、Vtuberへ興味を持ってみようと思うよ
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!