この記事は約 3 分で読めます

『人生の一発逆転』を真剣に考えてみたら方法はたった1つだと思った

 

平凡で退屈な人生を一発逆転させたい、と望む人はいるのではないだろうか。

 

ということで今回は「人生を一発逆転する方法」について語ってみようと思います。
なんか、儲かる方法とか売り込まれそうな出だしね…。

 

 

人は『パターン』の中で生きている

 

人生を一発逆転する方法。

それは『パターンを崩す』ことです。

 

ボクたち人間はパターンで毎日を生きています。

いつも通りに朝起きて仕事へ行って働いて帰ってきて…。

 

人生を一発逆転したいなら、

そういう『パターン』を崩すことから始まります。

 

パターンに陥ると退屈になる

 

かくいうボクもかつては退屈な人生を送っていました。

学校を卒業して何となく就職した会社。

やりたくもない仕事に朝から晩まで拘束される毎日。

 

休日はといえば疲れて昼頃まで惰眠をむさぼり、

起きてご飯を食べて気付いたらせっかくの休みももう終わり…。

こんな代わり映えしない日常に飽き飽きしていました。

 

そんな生活送っていれば飽きるのは当然よね。
今思えばこれ以上ない『パターン化』した生活だったな、と思うよ。

 

「投資で一発当ててイイ暮らしがしたい!」

一発逆転を夢見てFXや不動産投資について勉強したりもしましたが、

いざ費用やリスクを考えると怖くなって実践できず…。

 

一発逆転したいけど行動できない。

自身の臆病さに歯がゆさを覚えていました。

しかしそんな日常に変化が訪れます。

 

 

退屈なパターンが崩れたのが…

 

話は変わって。

 

 

 

  • 「恋愛なんて意味がない」
  • 「彼女なんて時間とお金のムダ」
  • 「結婚すれば幸せなんて幻想」

 

 

 

などボクはこれまで『恋愛』に対してかなり斜に構えていました。

そんなワケですから『年齢=彼女いない歴(当時)』は当然。

 

恋愛経験ゼロのクセに恋愛を否定していたのね…。モテない男の言い訳みたい。
その通り。当然その考えをズバリ指摘されることになる。

 

 

 

『恋愛したこともないのに、恋愛を知った気になるな』

『やらなきゃわからない、彼女の一人も作ってみてから否定しろ』

 

 

 

まさに痛恨の一撃。

己の了見の狭さ傲慢さを思い知らされ、

ボクは「彼女を作ること」を決意しました。

 

このときは「彼女が欲しい」より「その人を見返してやりたい」って気持ちの方が強かったりする。
…不純な動機ねぇ。そんなで上手くいくのかしら?

 

 

パターンが崩れた先は『冒険』だった

 

決意したまでは良かったのですが、

いざ行動するとなると何からすればいいのかわかりません。

 

というのもボクは昔から人付き合いが苦手で、

なるべく他人と距離を取って生きてきたからです。

そもそも人とどうやって仲良くなればいいのかわかりません。

 

それからというもの。

心理学やコミュニケーションを勉強したり、

ファッション誌や女性誌で女性の好みを研究したり。

 

職場では女性との出会いが皆無だったので、

こちらから出会いの場に足を運んだり…。

どれも普段のボクにとっては『冒険』でした。

 

 

確かに、普段やらないことをやるっていうのはある種の冒険かもね。

 

 

…で?一番肝心な彼女はできたの?
…まぁ、できたことにはできたのだけど…長続きしなかった。
結局3度の別れを経て「ボクに恋愛は向いていない」と自覚することになった。
…ダメじゃん。ダメじゃん!
とはいえ元々は「しもせずに恋愛を否定するな」って言われたのを見返してやりたかったからだからね…。
当初の目的は達成したから…まぁいいかなって。
自分勝手な男…。相手の女性がかわいそうね。

 

 

一発逆転のチャンスは人生のパターンを崩してから

 

とはいえ恋愛にチャレンジしてみて、

ボクの行動原理や価値観は大きく変わりました。

 

 

  • 「恋愛は人生の楽しみ方の一つでしかない」
  • 「人生を面白くするのもつまらなくするのも自分次第」
  • 「新しいことに進んで足を踏み込んでこそ変化を得られる」

 

 

それからというもの。

自ら変化に飛び込み積極的にパターンを崩していくようになりました。

 

その結果、今では自分で事業を起こすようになったり生き方も大きく変わっていたよ。
気付かぬうちに『人生の一発逆転』を達成していたワケね。

 

 

まずは「ほんの少し」からでいい

 

人生をいきなり大きく変えることは難しいです。

ボクもかつて怖くて投資にチャレンジできませんでした。

人間は「まったく違うこと」をやるのに恐怖を感じるものなのです。

 

だから「小さいところから、少しずつ崩していく」。

「変える」のではなく「崩す」。

 

最初は少しずつでも続けていけば大きな変化となります。

あなたが崩すべき人生のパターンはなんですか?