この記事は約 3 分で読めます

 

さてさて、日課の『ツイ→ブロ トレーニング』。本日のテーマは?
今日のTwitterトレンド1位は……『とくダネ』だね

 

2021/01/13Twitter

 

目次

開く

『とくダネ!』が22年の歴史に幕

 

どうやらフジテレビ系のニュース番組『とくダネ!』が3月で終了になるらしい

 

 

……名前は知ってるけど見たコト無いな。とりあえずスゴイ長寿番組だってコトはわかった

 

『とくダネ』関連ツイート

 

さてさて。どんなツイートがあるかな?
終了を惜しむ声とか印象に残ったシーンへの感想とか、逆に批判的な意見とか色々あるね

 

最も有名な放送事故(?)

 

 

かの『オヅラ』爆誕の瞬間である
「ゴジラ爆誕」みたいに言うなや。というかこれって「合成だ」って云われてるみたいだけど?

 

 

直後の本人や共演者の様子を見るに、とても合成とは思えないけどなぁ
それに「合成じゃない」って証拠があの東スポの記事くらいしか見つからないのはちょっと……

 

飛ばしの東スポ編集

1991年4月、ビートたけしが客員編集長に就いてからは、浅草キッドから「日付以外は全て誤報」と言われるほど娯楽性を重視しており、「“ガセ”」「飛ばしの東スポ」という異名も持つ

引用:Wikipedia

 

立派に立つ風太

 

 

すごい微妙な間が……。見ているお茶の間も反応に困ったろうね
「今どうして笑ったの?」って子どもに聞かれたら親は答えに困るだろうなぁ……

 

ワイドショー停止しろ

 

 

これは本当にそう思う。コロナの不安を煽るだけのワイドショーは自粛して欲しい
「マスクやトイレットペーパーが不足する」って報道を見てドラッグストアに走った人も多いらしいからね……

 

撮る絵は決まってる?

 

 

「コロナでも人が集まっている」結論ありきの報道をするためにDMを送った、と
真偽はともかく、普段の報道姿勢を見るに「然もありなん」と思えてしまうね
撮りたい画を撮るために色んな努力をしているようだからね

 

 

なぜ「ハゲいじり」は止まないのか?

 

さてさて。何か気になるツイートはあったかな?
……やっぱりコレの衝撃が大きすぎるかな

 

 

また髪の話してる……
とはいっても気になるのは小倉氏の頭部ではなく「禿(はげ)はいつまで笑いものになるのか」ってコトなんだけど

 

「人が傷つくコトを言ってはいけません」。こう言われて育った人は恐らく多いハズだ。

しかし「デブ」「チビ」「ハゲ」「ブサイク」など身体的特徴を揶揄する言葉は色々ある。これらの言葉で茶化す人、笑う人は未だに多い。

だが「ハゲ」という言葉は他の身体的特徴に比べて特段、笑いのネタにされる割合が多いのではないかと思う。

 

 

 

 

 

最近ではテレビなどのメディアでも「容姿いじり」を控える傾向にあるようだ。

例えば「デブ」を「ぽっちゃり」、「ブサイク」を「見た目インパクト」「愛嬌のある顔」と言い換えたりするそうな。

だが「ハゲ」に変わる言葉は聞かない。ネットで調べる限りでは見つからない。

 

なんで「ハゲ」は言い換えられず、ここまで笑いにされるのか不思議
「禿は恥ずかしい、笑いもの」って感覚は旧約聖書の頃からの話だからそれだけ根強いんじゃない?

 

熊もいなければ森もない

エリシャはそこからベテルに上った。彼が道を上っていくと、町から小さな子供たちが出て来て彼を嘲り、「禿げ頭、上って行け。禿げ頭、上って行け」と言った。(2:23)

引用:Wikipedia

 

 

後は……基本的に「ハゲ」は男性の問題でメディアがそこまで配慮していないから、とも考えられる
それは……メディアは「男相手ならイジってもいい」って考えているってコト?
というか「ハゲ」って言葉に怒る女性は少ないから、じゃないかな

 

……なるほど。最近ではTV番組やCMに女性差別を感じさせる描写があるとすぐに炎上するらしい。

怒りを覚えた女性たちはテレビ局やスポンサー企業への抗議電話し署名活動を募る。メディアにとって「女性を怒らせる」のは大きなリスクだろう。

となれば女性の逆鱗に触れかねない「デブ」「ブサイク」などにも当然警戒しているハズ。

 

一方で男性は女性みたいなバイタリティー無いからね。「ハゲ」を笑いにしても抗議や署名活動には発展しない、だからそこまでマスメディアもそこまで配慮や自重しないんだろう
そういうメディアの感覚が「"ハゲ"なら笑いのネタにして良い」って空気を作り出してる、ってコトか
特に日本ではまだまだマスメディアの影響力が強いからね。まぁ、あくまでも想像だけど
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!