この記事は約 2 分で読めます

さてさて、日課の『ツイ→ブロ トレーニング』。本日の話題は?
今日のTwitterトレンド1位は……『#あなたを一番確認している人』だね

 

2021/01/24Twitterトレンド

 

目次

開く

仲のいいTwitterユーザーを確認するアプリ

 

どうやら元ネタはこのアプリメーカーらしい

 

あなたのTwitterを一番確認してる人(仲良し度)

 

自分のTwitterアカウントを覗いてるユーザーを順位付けしてくれるらしいよ
見る専のぼくにはまったく無縁なアプリだな……

 

『#あなたを一番確認している人』関連ツイート

 

さてさて、どんなツイートがあるかな?
診断結果が並ぶのかと思いきや、なぜかペット自慢と大喜利の場になってるんだけど…
あと「まったく知らない人がいる」ってツイートも結構多い

 

小さい頃から私を…

 

 

ぼくも小さい頃から猫に監視される生活だったな……今はもういないけど
4枚目「お前を見ているぞ」感あって笑える

 

こう見えて監視しています

 

 

寛いでいるようで目線はちゃんと飼い主を追っているのがカワイイ
4枚目、気付くまでにちょっと時間かかった

 

顧問税理士

 

 

そういえば今年度も気付けば確定申告の時期か
去年はコロナの影響で期限が一ヶ月延びたけど、今年はそういう措置は無いのかな?

 

あなたを最も確認しているモノ

 

 

これは間違いない。ぼくも含めてTwitterユーザーは大体そうだろうね
あなたがスマホを確認するとき、スマホもまたあなたを確認しているのだ

 

飛ぶ監視カメラ?

 

 

あ〜、これは監視されてますね。特に2枚目
インコの視野はほぼ360度で視力は人間の3倍。これはもはや監視カメラである

 

SNSで嫌いな人を監視する理由とは?

 

さてさて、何か気になるツイートはあったかな?
う~ん。これといった内容は無かったんだけど、敢えて選ぶならコレかな

 

 

スマホつながりで、"嫌いな人をネットで監視する人"の心理がふと気になった

 

世の中にはネットストーカーと呼ばれる人がいる。ネットでのストーキング行為、略して『ネトスト』に及ぶ人を指す。

ネトストの対象が友人や好きな人なら理解できなくもない。親しい人や想いを寄せる相手の行動や思考は興味があるだろうし、自分をどう思っているのか探りたくもなるだろう。

しかし中には嫌いな人間のブログやSNSを監視し、ときにはわざわざ批判や罵詈のコメントを描き込む人もいるようだ。

 

そもそも嫌いな人を監視する心理が理解できない。嫌なら見なきゃ良いじゃんって思う、不愉快になるだけでしょ
まぁ「何か他にやるコト無いの?」とは思うけど。嫌いな人間のために自分の時間を使うなんて勿体ないからね

 

不愉快な気分になるとわかっているのに、なぜ貴重な時間を使ってまで嫌いな相手を監視するのだろうか?不思議に思って調べてみると、思わぬ事実が見えてきた。

どうやら自分のネトスト行為を「精神衛生上良くない」「時間のムダ」だとわかっており、止めたいと思っている。しかし「止められない、ついつい見ちゃう」人がかなり多いようである。

では嫌いな人の監視を"止めたいのに止められない"理由は何だろうか。某知恵袋や某掲示板を探っていくと、その心理が見えてきた

 

「自分が優位に立ちたい」から

 

どうやら嫌いな人を監視する人って、自分が優位に立つ材料を探しているみたいなんだよね

 

自分が優位に立つために嫌いな相手の粗や不幸の材料を知りたい。これが嫌いな人間の監視を止められない理由のようだ。

例えば嫌いな相手の服装や持ち物を見ては「ダサすぎwwwセンス悪www」、買い物や食事の発信からは「安物www」「レベル低っwww」など見下す材料を探している。

嫌いな相手の失敗や不幸を見つけたら「ざまぁwww」「だっさwww」と思えて溜飲が下がる。あるいは悪意や中傷のコメントを投稿する、などなど。

 

人間、本当に嫌なコトはやりたくないからね。何かしら楽しさや快感を覚えているから「止められない」んだよね
この件はともかく、「止めたいけど止められない」物事はぼくにもあるな。そう考えると完全に他人事とは言えないか……
「止めたいけど止められない」をどう止めるか、快感と理性の折り合いをつけられるかは幸福な人生を送るにも重要なハナシだね
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!
タグ