この記事は約 4 分で読めます

 

さて、日課の『ツイ→ブロ トレーニング』。本日の話題は?
今日のTwitterトレンド1位は……『#メンテ恒例』だね

 

2021/01/21Twitterトレンド

 

目次

開く

パズドラがメンテ

 

メンテ恒例?何の?
どうやら今日はパズドラのメンテらしいね

 

 

『パズル&ドラゴン』か。ぼくはパズルゲームが苦手だから合わなかったけど、まだ続いてたんだね

 

パズル&ドラゴンズ(パズル アンド ドラゴンズ)は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントから配信されているiOS・Android・Kindle Fire用ゲームアプリ(パズルRPG)。略称は『パズドラ』。基本プレイ無料でアイテム課金が存在する(F2P)。2012年2月20日にiOS版、同年9月18日にAndroid版がリリースされた。

引用:Wikipedia

 

サービス開始からもうすぐ10年の、老舗的なソシャゲだね
というか何が「恒例」?
どうやらメンテの時間が長いときはSNSで語るのがパズドラプレイヤーの文化みたいだね

 

『#メンテ恒例』関連ツイート

 

さてさて、どんなツイートがあるかな?
自己紹介+繋がりましょう的なツイートばっかり。正直、プレイしていない身では何が何やら……

 

ルミエル好きのパズドラー

 

 

よくわからんがスクショの数値とリプから、なんかスゴイことは察しがつく

 

初代魔王のコレクター

 

 

『魔王』とは高難度のダンジョンをクリアしたプレイヤーにだけ配布される称号らしいね
プレイヤーとしても凄いんだろうけど、課金額もスゴイんだろうな……

 

パズドラ配信者

 

 

YouTubeやミラティブで配信されてる方らしいね
動画いくつか見てみたが言ってるコトもやってるコトも全くわからん……

 

BLEACH大好きパズドラー

 

 

色んな作品とコラボしてるからこそ自分の好きな作品から入ってくるプレイヤーさんも多いんだろうね
涅マユリは良キャラだと思う。イカれ野郎かと思いきや実は護廷十三隊の良心というギャップよ

 

パズドラ初心者(魔王)

 

 

調べると『魔王』の称号を持っているのは全プレイヤーの0.01%未満らしいね
初心者……とは(哲学)

 

なぜ「オワドラ」と言われ"続ける"のか?

 

さてさて、何か気になるツイートはあったかな?
パズドラ未プレイなのにあるわけ無いだろ。キャラ名や用語が飛び交っていてワケわからん
けど『パズドラ』が「オワドラ」とか言われ続けても未だに続いてるのは気になるかな

 

『パズドラ』はサービス開始から9年近く経つ、スマートフォンゲームとしては老舗的な作品だ。

だが、サービス期間が長いとそれだけゲーム内容や運営への批判や文句も出てくる。またゲームに飽きて、新しい作品に乗り換えるプレイヤーも出てくる。

そんなパズドラへの否定的な空気を代表する言葉が「オワドラ」だ。終わったコンテンツを意味する「オワコン」と「パズドラ」を掛け合わせた蔑称である。

 

「オワドラ」と言われる原因は?

 

そもそも何でパズドラだけこんなに叩かれるのかが謎なんだけど
「オワドラ」なんて造語が出来るくらいだから、よほど腹に据えかねている層がいるんじゃないかな

 

不思議に思って調べてみた。するとどうやら『オワドラ』呼ばわりするのは「かつてプレイしていたが止めた」層のようだ。

しかし止めた理由が単に「飽きた」「他に乗り換えた」ではなく「ゲームについていけなくなった」との意見が大半。ゲームの運営への怒りや失望を露わにする元プレイヤーも少なくない。

「ゲームについていけなくなった」理由も探ると出てくる出てくる、運営への怒りや文句の数々。

 

  • 露骨なまでの新規キャラ優遇&旧キャラが軒並み弱体化でついていけなくなった
  • 度重なるアップデートでどんどんインフレ、ゲームバランスが崩壊して冷めた
  • 開発者の頭を疑うような極悪難易度&鬼畜ギミックの数々に萎えてしまった
  • 意見しても聞き入れないどころか同じ愚を繰り返す運営に見切りをつけた

 

まぁ「際限無いインフレとマンネリの繰り返しに飽きた」って意見が概ねなのかな

 

埋没費用効果に基づくガンホーの戦略?

 

※ここからは未プレイな人間の勝手な妄想です

 

しかし未だにサ終(※「サービス終了」の略)とはならず、もうすぐリリースから10年を迎えるワケで。中々オワコンにならないな、と
オワコンどころか未だセルラン(※「セールスランキング」の略)上位だからね。ユーザーも多い人気コンテンツだ

 

セルラン

出典:AppMedia

 

つまり「終わった」と言われつつも、未だに課金するプレイヤーは多くいるワケで
なぜパズドラはいつまでも"オワドラ"にならないのか。その理由は多分「コラボ連発による"新陳代謝の良さ"」なんだろうと思う

 

繰り返しになるがパズドラは老舗コンテンツ、ビッグタイトルだ。それだけネームバリューもある。

となると作品の知名度アップを狙ってパズドラとコラボしたい版権元も多いだろう。実際に過去にコラボした作品は多い。試しに数えてみたが100を超えた辺りで諦めた。

中には『モンスターハンター』『遊戯王』『ファイナルファンタジー』など、パズドラ以前から知名度を誇る作品も多数だ。

 

 

最近の有名どころでは『鬼滅の刃』とのコラボかな。これは多分、鬼滅ファンの流入を狙ったパズドラ側からのオファーだろうけど
Twitter探ってみても「鬼滅コラボからパズドラ始めました」ってユーザーも多いみたいだし、運営の狙い通りだろうね

 

『パズドラ』が「オワドラ」と揶揄されながらもセルラン上位をキープする理由。それは「人気作品とのコラボで絶え間なく新規を取り込んでいるから」。

ソシャゲは「基本無料」という性質上、新規プレイヤーは増やしやすい。人気作品コラボというキッカケさえ打てばユーザーはどんどん増やせる。既存の客を満足させ続けるより、新規を絶え間なく取り込む方がよっぽど簡単だ。

そういうプレイヤー当然コラボ作品のガチャを回すので売り上げも上がる。売上が上がればセルラン上位につき、知名度は更に上がる。知名度があればコラボを申し込む版権元も増える、権利関係でもお金が入ってくる。いい循環だ、冷徹で理に適っている。

 

運営的には「コラボ打てば新規がどんどん入ってくるから、嫌なら引退すれば?ウチは別に困らないし」って感覚なんだろうね
……その言い方はどうかと思うけど。ソシャゲは止める人間より惰性でも続ける人間の方が圧倒的に多いからね、埋没費用効果が働くから

 

埋没費用効果 (sunk cost effect)」の別名であり、ある対象への金銭的・精神的・時間的投資をしつづけることが損失につながるとわかっているにもかかわらず、それまでの投資を惜しみ、投資がやめられない状態を指す。超音速旅客機コンコルドの商業的失敗を由来とする。

引用:Wikipedia

 

新規を取り込んで「課金しちゃったし勿体ないから続けよう」ってプレイヤーを増やし続ける運営の戦略勝ちな気がする
なんかパズドラユーザーに否定的な結論になっちゃいましたが、そういう意図はないです
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!