この記事は約 2 分で読めます

 

さて。いつもの日課『興味のトレーニング』。本日の話題は?
今日のTwitterトレンド1位は……『寝てないアピールをしてください』だね

 

2021/02/03Twitterトレンド

 

目次

開く

睡眠サプリ『にゅ~みん』

 

 

発端はこのツイートか。睡眠サポートサプリ『にゅーみん』?クロセチンが睡眠の質を高める?

 

クロセチンといえば、幼児の軸性近視の進行を抑制する手段として期待されている成分だけど…「睡眠の質を高める」ってのは初耳だね

 

EGR-1の発現を高め、眼軸長の伸長と屈折度数の変化を有意に抑制する「クロセチン」

慶應義塾大学は8月8日、クロセチンが小児の眼軸長伸長、屈折度数の近視化を有意に抑制することを確認したと発表した。

引用:医療NEWS QLifePro

 

へぇ。近視の抑制に加えて睡眠の質も高めるなんて凄いね、クロセチン
どうだかね。睡眠の質なんて体調や睡眠時の周辺も関わってくるし、栄養素一つで高められるシロモノでも無いと思うけど

 

『寝てないアピールをしてください』関連ツイート

 

さてさて、どんなツイートがあるかな?
真面目にアピールしている人から大喜利、「眠れなくて困っている」ツイートまで色々あるね
眠れなくて困っているのにTwitterしてるのはどうかな…

 

相席食堂が面白すぎて…

 

 

相席食堂って番組はしらないけど、寝る前にちょっとが長引いて気付いたら眠れなくなるのはわかる
ちなみに寝る前のスマホやテレビは絶対厳禁だぞ。脳が興奮状態になって眠りの質が落ちるからね

 

子どもを寝かしつけてから

 

 

 

赤ちゃん寝かしつけたら眠れなくなった、ってツイートは結構あるね
赤ん坊は大人の都合なんてお構いなしだからねぇ…

 

地獄のミサワ

 

 

このお題見たとき地獄のミサワ連想したけど、やっぱ同じこと思う人いたか
地味にドヤ顔なのがイラつくんだけどそこがクセになるんだよね、このイラスト

 

神様も眠れない

 

 

これは上手い。四六時中通知が鳴りやまず、まったく寝ていなさそう
ボクもよく神様に祈るね、ヤバイ腹痛でトイレ駆け込んだときとか

 

「質の高い睡眠」とは何か?

 

さぁて、何か『興味のタネ』は見つかったかな?
"睡眠"そのものに興味が出てきた
ほう、そのココロは?
睡眠の質を高める方法を探したら情報が色々ありすぎて訳がわからなくなったから

 

睡眠の質を高めるためには?

 

睡眠の質を高めるにはどんな方法があるのだろうか。軽い気持ちで「睡眠の質」と検索すると情報が出てくる出てくる。

「睡眠のゴールデンタイムである22時にはベッドに入れ」「理想の睡眠時間は6~8時間」「寝る2時間前にはスマホを弄らない」など時間を重視する情報が。

一方で「寝る前にハーブティーを飲むと良い」「自分の体に合った枕やマットレスを」「耳栓とアイマスクをせよ」などアイテムに頼る情報も。

 

正直、どれが正しいのかわからない。内容を見る限りではどれも一理あるんだけど…
情報単体で見ればどれも正しいよ。でも全体で見ると睡眠の質を高める正しい方法なんて無い
なんか謎かけみたいな話だけど…どゆこと?

 

睡眠の質を高める"方法"はない

 

例えば。キミは質の高い睡眠をとるため安眠グッズを揃え、寝る前にはスマホを弄らずハーブティーも飲んだ
でもキミは明日、会社で重要な仕事がある。成功か失敗かで人生を大きく左右する重大な仕事だ
……さて、22時にベッドに入ったキミは質の高い睡眠が取れると思うかい?
無理だね。ぼくみたいな豆腐メンタルだと心配で多分、朝まで寝付けないと思う
そーゆーコト。睡眠の質は生理現象、体調や精神状態でも大きく左右される。それを方法や道具"だけ"で何とかしようって考えがそもそも間違ってる

 

睡眠そのものを学びたい

 

そもそも睡眠に関する研究って始まってまだ100年くらいしか経ってない、歴史の浅い分野なんだ
へぇ、意外だな。三大欲求の一つだし、もっと昔から研究されててもいい気がするんだけど
例えば睡眠の話題でよく聞く「レム睡眠」「ノンレム睡眠」だって発見されたのは1950年代になってからだったりする

 

レム睡眠(レムすいみん、英: rapid eye movement sleep, REM sleep)は、急速眼球運動(英: rapid eye movement, REM)を伴う睡眠である[1]。急速眼球運動睡眠とも呼ばれ、REM睡眠とも表記される。急速眼球運動を伴わない睡眠はノンレム睡眠(英: non-REM sleep)または徐波睡眠(じょはすいみん)と呼ばれ、この項ではノンレム睡眠についても記述する。

レム睡眠の存在は、シカゴ大学のユージン・アセリンスキーとナサニエル・クレイトマン(英語版)の研究によって、1953年に明らかになった

引用:Wikipedia

 

つまり…睡眠って分野がまだ科学的にも未知な部分が多いってコト?
そう。だから睡眠科学では新説が次から次へと出てくる。まぁ、それ自体は研究が進んでる証拠なんだけど…
問題は、その度に便乗商法が出てくるコト。『○○式睡眠術』とか『◯◯の睡眠法』とか名乗る書籍を目にしたコト、無い?
あるけど…。じゃあ睡眠関係のああいった本は間違っているってコト?
間違っているとは言わない。でもまだ睡眠科学自体が発展途上の分野で、「最新の研究だから正しい」とは断言できない
後でまた別の新説が出てきてひっくり返される可能性もあるワケか
というかキミはそもそも睡眠がどういうメカニズムで行われていて、人体にどんな影響があるのか把握しているかい?
…考えたコトも無かった。「睡眠は人間の三大欲求の一つ」くらいの感覚でしか
だったら睡眠の質を高める方法よりも前に「そもそも睡眠とは何なのか?」を勉強した方が良いよ
確かに、健康を考える上でも睡眠自体を学ばないとダメかもしれないね
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!