「ブログの時代は終わった」は本当?→ウソ。「住み分け」が進んだだけ
確かにYouTubeやSNSの方が情報発信の媒体としては即時性もあるし表現の自由度も上だものね。「ブログの時代は終わった」という言葉にも一理あるかも。
ボクはまったく逆の考えで、YouTubeなどが台頭したことでかえってブログの価値の差別化が進んだと思っている。

ブログというメディアが終わったのではなく、YouTubeなどの”性質の異なるメディア“が登場したことで住み分けが進んできたのが今の状況だとボクは分析しているよ。
「性質の異なるメディア」?
うん。今回はYouTubeとSNSの、特にYouTubeとブログの『”性質”の違い』について語ってみようと思う。

 

この記事の続きを読む