この記事は約 1 分で読めます

WordPressのサムネイル(アイキャッチ)にGoogleフォトの画像を利用する方法
Googleフォトの画像をWordPressブログのサムネイルに使えたら便利だよね、ってことで方法をまとめてみました。

 

 

Googleフォトの画像をサムネに使いたい…

 

そんな面倒なことしなくても、サムネにしたい画像をワードプレスにアップロードすればいいじゃない。
10枚20枚程度ならそれでもいいけど、ブログ運営が長期になったらサムネだけでも何千枚だよ?レンタルサーバーのディスク容量だってバカにならない。
あー…確かにサイトが重くなるわね。タダでさえプラグインで要領使ってるのだから、できるだけサーバーへの負担を軽くしたいってことなのね。
そういうこと。そしてできることならGoogleフォトを利用したい。なぜなら容量無制限の上に無料だから。
容量無制限で画質の劣化がほとんどないうえに無料、ってすごいサービスよね…。

 

 

記事に利用するのはカンタンだけど…

 

ただ問題があって…。WordPressの仕組み上、Googleフォトの画像をそのままサムネイルには引っ張って来れないんだよね。
記事に貼りつけるのはカンタンなんだけど…。
Googleフォトの画像をワードプレスの記事に使用するのはどうやるの?

 

 

 

Googleフォトの利用したい画像を開いて、右クリック→「画像アドレスをコピー」でGoogleフォトの画像URLを引っ張ってきたら…。

 

 

 

WordPressの編集画面から「メディアを追加」を開く。

 

 

 

「URLから挿入」でさっきコピーしたGoogleフォトの画像URLを貼りつければ、あとはいつも通り。

 

 

 

でもこの手順だと、WordPressの仕様上サムネイルには反映されないんだよね…。
せっかく記事にGoogleフォトの画像を利用できても、アイキャッチのためにわざわざワードプレスに画像をアップロードするんじゃ何の意味もないものね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

Googleフォトの画像をサムネイルに使えるプラグイン

 

どうしたものか、何か方法は無いものかとGoogleで検索した結果…。
Nelio External Featured Image』というWordPressプラグインに辿り着いた。これを使えばGoogleフォトの画像をサムネイルに利用できる。
どうやって使うの?

 

 

 

プラグイン→新規追加から検索窓に「Nelio External Featured Image」と入力して表示されたプラグインを有効化する。

 

 

 

プラグインを有効化してから記事の作成ページを開くと右下に「External Featured Image」なるウインドウが追加されている。
ここに先ほどコピーしたGoogleフォトの画像URLを貼りつけて…。

 

 

 

「Preview」をクリックして画像が表示されれば作業完了。

 

それだけ?とても簡単ね!
投稿しないと本当に設定されているか確認できないのがネックだけどね…。まあ、当初の目的は達成できたから結果オーライということで。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

とはいえ、これでサムネイル画像がどんだけ増えてもレンタルサーバーの容量を圧迫しなくて済む。ありがたい限りだね。
でもこれって…Googleフォトのサービスが有料化したり終了したら面倒なことになるんじゃないかしら。
…そうなったら、そのときはそのときということで。
とはいえGoogleという企業の方針を考えればGoogleフォトの無料プランは残るだろうし、サービスの終了も無いと思うんだけどね…。

 

余談:『アイキャッチ』と『サムネイル』の違い

 

ところで、関係ない話なんだけど…『アイキャッチ』と『サムネイル』って何が違うの?人によって呼び方がバラバラのような…。
厳密に言えば表示される場所によって呼び方が変わる

 

 

 

こちらの記事で説明すると…。

 

 

 

これが『アイキャッチ』。「ユーザーの目(アイ)を引きつける(キャッチ)」という語源から来ているんだ。
なるほど。興味を誘うための大きく目立たせた画像をアイキャッチと呼ぶのね。

 

 

 

対して、これが『サムネイル』。「親指(サム)の爪(ネイル)」という語源に由来する呼称だね。
サムネイルは縮小された画像のことなのね。今までコレのことアイキャッチって呼んでたけど、本当はサムネイルが正しいのね。
まぁ最近ではほとんど区別なく混同されているから、ほんの豆知識程度に覚えておけばいいんじゃないかな?