この記事は約 1 分で読めます

自信がない人の方が正常で、自分を疑える人は理性的という話
THATMAN
THATMAN
とりあえずは10日は続いたアウトプットトレーニングですが…。
けいと
けいと
今回は前回の続きで、題するなら「自分を疑うことの大切さ」かな。

 

 

自分を信じられる人は、危ない

けいと
けいと
今回は、前回の「自信がある人はサイコパス」って話の続きになるかな。
THATMAN
THATMAN
自信がある人は「自分は正しい」と信じて疑わない人、だと考えているんでしたネ。
けいと
けいと
うん。「自信」をワンマン社長に例えて、ワンマン経営は危ないって話をしたよね。
けいと
けいと
これって人間も同じことが言えると思うんだ。
THATMAN
THATMAN
自分の考えや能力を過信するのは危険、ということですネ。
けいと
けいと
うん。むしろ自分に自信なんか持てない方が正常だし、自分を軽く疑ってるくらいが丁度いいと思うんだ。

 

 

 

「信じる」という思考停止、「疑う」という理性

 

りせい【理性】

物事の道理を考える能力。道理に従って判断したり行動したりする能力。

 

けいと
けいと
ボクは「信じる」って一種の思考停止だと思うんだ。
THATMAN
THATMAN
信じるのは思考停止、ですカ?
けいと
けいと
人って何かを信じているとき、自分にとって都合の良い情報しか受け入れず都合の悪い情報を排除してると思うんだ。
THATMAN
THATMAN
今一理解に苦しむのですが、具体的にハ?

 

 

けいと
けいと
例えば『DV男と別れられない女』かな。
けいと
けいと
毎日酷い目に遭わされてて、周りは別れた方が良いと言っても「でも彼にも優しいところはあるの」とか言って拒む…みたいな。
けいと
けいと
こういう女性は「自分さえ我慢すれば優しい彼が戻ってきてくれる」と信じているんだろうね、多分。
けいと
けいと
ボクは今までDVを受けている女性と話したこと無いから想像だけどね。
THATMAN
THATMAN
なるほド。「毎日の暴力」という都合の悪い情報を無視して、「優しいときもある」という都合のいい情報のみを受け入れていますネ。
けいと
けいと
でも「疑う」は違う。疑っているとき人は考えている。
けいと
けいと
なぜなら「疑う」とは情報が正しいのか誤っているのか判別しようとしている状態だから。
けいと
けいと
「信じる」ことは誰にでもできるけど「疑う」ことは理性がないと出来ないと思ってる。
THATMAN
THATMAN
あなたは自分を信じることに随分と否定的なのですネ。
けいと
けいと
違うって…。自分を信じることと同じくらい、自分を疑うことも大切だと思っているだけだよ。

 

 

 

自分を「疑う」のは悪いことではない

 

けいと
けいと
ボクは「信じる」がアクセル、「疑う」がブレーキだと考えている。
けいと
けいと
アクセルを踏めば車は動き出すように、信じて行動することで物事は前に進む。
けいと
けいと
でもアクセルを踏み続けると加速し続けて危ないでしょ?その先に障害物があるかも知れない。
THATMAN
THATMAN
事故が起こる前にブレーキを踏んで減速しなければなりませんネ。
けいと
けいと
車ならスピードを出し過ぎているコトに気付けるけど、人間の場合そうはいかないじゃない。
THATMAN
THATMAN
というト?
けいと
けいと
物事が良い方向に進んでいるほど自信が湧いてきて「もっとイケる」と思ってしまうのが人間だよね。
THATMAN
THATMAN
そうですね、物事が上手く行っているほど自分の能力を信じてしまうのが人間でス。
けいと
けいと
言うなれば車のスピードが上がっているのに、更にアクセルを踏み込んでしまう状態だ。
けいと
けいと
これじゃ進行方向に障害物が現れたとき素早く対応できない。
THATMAN
THATMAN
早くブレーキを踏んで減速しなきゃいない状況ですネ。
けいと
けいと
これって人に置き換えれば「上手くいっている自分を疑う」コトなんだけど…かなり勇気がいる行為だよね。
THATMAN
THATMAN
好調なときこそ気を引き締めよ、という訓戒は「勝って兜の緒を締めよ」「好事魔多し」といった故事にもありますネ。
けいと
けいと
うん。どうも世の中「自信を持つ=良いコト」「自分を信じられない=悪いコト」の二択で語られるイメージがあるけど、そんな単純ではないよね。
THATMAN
THATMAN
自信ばかりで自分を疑えないと事故を起こす、ってことですネ。
けいと
けいと
うん。だから自信を持てない人は正常で理性的だし、自分を疑ってしまうことに罪の意識を持つ必要はないってことが言いたかった。
けいと
けいと
長年思っていたことを言えたので、今回はこれで終わり!
「良記事だ!」と思ったらシェアお願いします!
カテゴリー
タグ